アスリートの方へ

アスリートにおけるトレーニングの成果とは、

よりレベルの高い技術練習に対応できる身体になる

という事です。脚力が向上し、柔軟性が向上し、持久力が向上するなどで、よりレベルの高い技術練習に対応できるようになり競技能力が向上していくのです。

 

決してトレーニングそのもので競技能力が向上するのではありません

従ってIPFトレーニングでは、あなたがどのような練習でどのような能力を高めたいのかを確認し、そのために必要な内容を実施していきます。

 

スクワットは決して脚力の向上のためという位置付けだけではなく、

 

「より強く地面を踏み込める力の出し方」

 

の習得であったりします。腹筋トレーニングは身体動作連動と結びついた力の出し方の習得であり、地面を脚で蹴った力を手に強く伝えるブリッジとしていかに機能するかが重要であったりします。

当然、筋自体を存分に鍛える事も出来ますが、筋肉を鍛えるだけに留まらず、速くて、強くて、持久力があり、そして思い通りに自由実材に動き回れる体を作る事がアスリートにとっては必要なトレーニングです。

 

 

多くのアスリートへの指導経験と化学的な根拠により、あなたに最大の成果をもたらすトレーニングを実施します。

 

 

アスリート系指導実績(お名前は公表しておりません)

  西武ライオンズ投手

  広島カープ投手

  井筒部屋力士

  太極拳選手

  バレーボールチャレンジリーグ選手

  女子プロゴルファー

  立教大学バレーボール部

  他