痛み(肩こりや腰痛)ケガ機能回復をお考えの方へ

怪我をしたり、何らかの障害を受けた場合、そこからいかに最善の状態まで戻せるかが重要です。

 

ヒトは何らかの不適切動作を行う事、またはそれを継続する事で必ずどこかに

 

不適切なストレス

 

が加わり、それが痛みとなって表れ、その痛みを回避しようとする動きが更なる不適切動作を引き起こし、患部以外の部分に二次災害、三次災害という形で表れ、身体のあちこちに

 

原因追求しにくい痛み

 

が出ます。

実はこれは肩コリや腰痛、膝痛も同じメカニズムなのです。

肩コリが起こるのは、もしかしたら骨盤の傾きが原因かもしれませんし、つま先の向きの左右差が原因なのかもしれないのです。

膝痛の原因が爪先荷重のクセが原因かもしれないのです。

 

足首の捻挫をした事で重心の取り方が崩れ、

そのまま放置した結果左右の足の地面を蹴る力に差が起こり、

それが原因で骨盤の向きが不適切になり、

それが原因で腰痛になっているのかもしれないのです。

 

IPFトレーニングでは、慢性的に痛みがある部分に対してその原因を推測し、その原因を改善する事で、

 

二度と同じ痛みを起こさない事

 

を目指します。

IPFトレーニングでは、適切な身体の動かし方を習得する事で痛みの出ない身体にするだけでなく、運動パフォーマンスを上げ、健全な身体を作ります。

 

 

多くのヘルニア患者、関節痛患者のケアと、麻痺を持つ方の機能改善、機能回復を要する高齢者指導の経験から、あなたにとって最も重要な原因を推測してご指導いたします。

最新情報

スクリーンショット 2021-01-30 230103.jpg

2021.2.1 【メディア】

本日(2月1日)発売 コツがわかる本!

『ピッチャーのためのフィジカルトレーニング「投手力」を上げる体の整え方 』(単行本)

税込 1,980円 メイツ出版 監修 / 清水忍 撮影協力(モデル)/ 後藤一希 IPFトレーナー

Tarzan803.jpg

2021.1.28 【メディア】

雑誌『Tarzan』No.803(マガジンハウス)

p74-p81「クセトリ体操」監修 / 清水忍(IPF代表)

yogaジャーナル2021.3 VOl73.jpg

2021.1.20【メディア】

ヨガジャーナル vol.73『できるヨガポーズが増える動く 股関節で柔らかい体に!』

PART1 (p14,15)股関節の弱点と勘違いチェックテスト 監修 / 清水忍(INSTRUCTIONS代表)

クロワッサン2020.1.25.jpg

2020.1.9【メディア】

雑誌『クロワッサン』No.1037(マガジンハウス)p14-p17『 ひとりでできる家トレで、大人のボディラインを整える。』

フリーアナウンサーの富永美樹さん、計20㎝超のサイズダウン!トレーニング指導 / 清水忍(INSTRUCTIONS代表)

コーチングクリニック2月号.jpg

『コーチング・クリニック』2021年2月号ベースボール・マガジン社

特集「瞬発力を高める」- PART3 -(p12-p19)『何をやるかではなくどういう意識でやるか』清水 忍(株式会社インストラクションズ代表)

スタッフブログ最新記事

所在地 〒154-0003 

東京都世田谷区野沢4-21-15-1F

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

営業時間 10:00 ~ 22:00 (不定休)

TEL    03-6753-6077

セッション中等お電話に出られない時間が多くなっております。大変申し訳ございませんがフォームからご連絡をお願いいたします。

Copyright © 2021株式会社INSTRUCTIONS. All Rights Reserved.