『新しい発見〜ドラマの聖地へlet’s go〜』

July 30, 2020

I P Fの佐藤です。

 

皆さま、お元気でしょうか。

コロナが以前猛威を振るっております。

 

減少してきたな、と思ったのも束の間、東京ではここ最近は200~300人台まで増加しており、なお全国的にも広がってきております。

 

検査数は増えたのも大きな要因ではありますが、この人数にはかなり恐怖を感じております。

 

本当に目の前まで迫ってきているな、という印象です。

 

自己管理はしっかりと行い、自分の身は自分で守らなければなりませんね。

 

 

さて、今回はコロナでの自粛期間中だったときのお話になります。

 

コロナでの自粛期間中に私には大きな変化がありました。

 

私にとって人生が大きく変わりました!

 

大袈裟ですが本当にそう感じています。

 

時間が有り余っていた自粛期間中、いつもなら絶対にやらないことをしてみたのです。

 

それは、

 

 

ドラマ鑑賞です!

 

 

普段、ドラマはほとんど見ません。

 

好きではないから、というわけではありません。

 

ではなぜドラマを見ないのか?

 

私の中では理由が2つあります。

 

 

①仕事で帰宅時間が不規則なため、決まった時間に連続して見ることができないこと

(録画予約すればいいのでは、というツッコミはなしで笑)

 

②TVは受け身で時間がもったいなく、成長するためにはテレビよりも積極的に読書をした方が有意義な時間だと思っていたこと

 

この2点です。

 

 

私が愛読する自己啓発書(ビジネス書)によく書いてあるのです。

 

「できる人は読書をする」 

 

「テレビは完全受け身であり、読書と比べると得るものは少ない」

 

それ以来TVというものはめっきり見なくなりました。

 

本をたくさん読み、「俺はできる人間になるんだ!」みたいなね(笑)

 

影響されやすい性格なもので(笑)

 

そんな私が、あまりにも時間があるのでドラマを見ようと思い立ったのです。

 

時間がありすぎて時間を潰すためです。

 

しかし、

 

ドラマの世界にどっぷりと浸かってしまったのです!!

 

 

そのドラマとは、

 

「JIN-仁」です!

 

もうひと作品、

 

「世界の中心で、愛をさけぶ」です!

 

 

まぁ、綾瀬はるかさんに魅了されたというのはここだけの話で(笑)

 

2作品とも私の中で超絶大ヒット!!

 

見ていない方は絶対に見た方が良いですよ!

 

あれだけドラマを見ても得るものはない、と思っていた自分が恥ずかしくなりました。

 

もっと早くこの作品に出会っておけば、と本気で感じます。

 

ここからが私の面白いところですが、

 

ドラマの内容ではなく、ロケ地に行ってみたくてたまらなくなりました。

 

もちろんドラマの内容も大変素晴らしいのですが、なぜかは自分でもわからないのですが、ドラマのストーリではなく、ロケ地というものに特に興味がわいてきました。

 

 

あの名シーンに自分が立っている

 

 

考えただけでも興奮しませんか!?

 

うひょー、すぐにでも行ってみたい!!

 

ということで、自宅からいける範囲で実際のロケ地を探してみました。

 

便利なことにネットで検索するとロケ地ガイドなるものが存在します。

 

 

今回は、「JIN」、「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地を巡ってきました。

 

では、ロケ地巡りの始まり始まり♪

 

 

 

「J I N―仁」の名シーン・・・咲さんの手紙を読む南方先生(感動です)

 

 

元町公園です!誰かに撮ってもらえばよかった、、、

 

 

続きまして、「世界の中心で、愛をさけぶ」より

 

 

朔ちゃん(山田孝之)と亜紀(綾瀬はるか)がよく行くこの港

う〜ん、青春っていう感じですね♪

 

 

伊豆半島にある松崎港です♪ 1人という虚しさ(笑)

 

 

 

はい、この名シーンにも!! 牛原山町民の森

 

 

ドラマを見たことがある方でしたら間違い無く感動することでしょう!!

 

あのシーンに自分がいるなんて。

 

思い出すだけで胸がジーンきます!!

 

人生にこんな楽しみ方があったなんて。宝物を手に入れた感じですよ。

 

これからもロケ地の旅、続いていきますよ!

 

 

 

 

Please reload

最近の記事

June 6, 2020

June 21, 2019

Please reload

アーカイブ